特進コース

学力と考える力を育み、将来への実践力を高めます

本校の多彩な教育を通して、基礎学力から高いレベルまでの学力を身につけ、将来への理想やビジョンを的確に捉える視野を養成します。
生徒一人ひとりが、段階的に設定した進路目標を着実に達成していく本校独自の教育プログラムで、自ら学ぶ意欲を高め、学習習慣と勉強方法を確立し大学進学への実践力を養います。

「UT’s(一人ひとりが上宮太子で伸ばす力)」向上のためのポイント

本校独自の教育プログラムで、学習指導要領の約2倍の授業時間を確保

教育プログラムグラフ
本校独自の中高6ヵ年一貫教育プログラムは、文部科学省の学習指導要領が定める標準時数の約2倍の5教科授業時数を用意しています。知識習得のための学習はもちろんのこと、生徒一人ひとりが、将来への明確なシナリオを構築していくための広い視野・見識を育てます。

一人ひとりのUT'sをトータルに向上させる独自の「ガンバリシステム」

学びの特徴イメージ1
学校祖法然上人の教えを現代教育に融合させ、学業のみならず、あらゆる資質をバランスよく育むための本校独自のガンバリシステム。各項目の達成状況を確認し、生徒一人ひとりの人格を偏ることなく向上させるために的確なアドバイスを常に送り、モチベーションを高めます。

学業

学年成績/模試/早朝テスト/提出物状況/ガンバリスト

自己啓発

図書館利用状況/自己啓発

資格

英検/漢検

生活状況

勤惰状況/生活態度/清掃活動/挨拶

課外活動

生徒会活動/クラブ活動/ボランティア/コンクール

情緒や品性を養う宗教的情操教育で人間力を養成

学びの特徴イメージ2
知識を習得するだけの勉強では、人格を磨くことはできません。知識を与えることよりも知識欲を旺盛にしてこそ、生徒の頭脳はより活性化され、心の成熟と人格の形成が期待できます。徳性・感性を高める、すなわち豊かな心を育て人格を高めることこそ、宗教的情操教育の持つ大きな意義であるといえます。

各教科の学び

各教科の学び