学校案内

上宮太子中学校・高等学校は、人と人とのふれあいを大切に、自己を見つめ、広い視野に立った生き方、ものの考え方を学び、信頼される社会人・国際人を育てることを目標にした学校です。いろいろな宗教行事を通して命の大切さを学び、合宿・修学旅行等の行事を通じての体験は、視野を広げ、将来かけがえのない貴重な財産となっています。一人ひとりを大切にした少人数の指導やきめ細かな教育は、温かい人間関係の中で、それぞれの個性を伸ばし、また新たな能力を引き出します。
教育理念

教育方針

学校祖 法然上人
浄土宗の開祖法然上人の仏教精神を教育の基本とし、豊かな自然と歴史の宝庫に包まれた教育環境の中で、知性とともに感性を磨き、心身ともに伸びやかでバランスのとれた人格を養い、人を思いやり、人に愛され、また信頼される社会に貢献できる人づくりをめざします。
校訓
学順

沿革

  • 1890年
    浄土宗大阪支校設立(大阪市天王寺区生玉)
  • 1947年
    新制上宮中学校発足(新学制6・3・3制実施)
  • 1948年
    新制上宮高等学校発足
  • 1967年
    中学校の募集休止
  • 1985年
    太子町で上宮中学校復活・開校
  • 1988年
    上宮高等学校太子町学舎開校
  • 1990年
    上宮学園創立100周年
  • 1991年
    上宮太子高等学校として独立
  • 1993年
    大阪市天王寺区に上宮中学校開校にともない上宮中学校(太子町)を上宮太子中学校に校名変更
  • 2011年
    上宮太子中学校男女共学化
  • 2012年
    上宮太子高等学校男女共学化