UT'S BLOG

生徒会 太子町時代行列

2018.10.30

中間試験が一夜明けた10/20(土)、中高生徒会役員の8名が、「竹内街道灯路祭り」の一環として開催された「太子町時代行列」に参加して参りました。

「時代行列」とは太子町にゆかりのある歴史上の偉人に扮して、日本最古の国道である「竹内街道」を練り歩くというもので、毎年この時期に太子町が企画を行い、本校としても毎年参加をさせていただいています。

 

昨年は台風で中止となりましたが、今年は若干肌寒くも良いお天気に恵まれ、「日本遺産」にも登録された竹内街道の約1.5kmを約2時間かけて歩きました。

 

これまでは、配役の看板持ちなどが多かったですが、今年は推古天皇役や国司役など、重役を担わせていただきました。生徒達も日頃着ることのない古代衣装を身に纏い、貴重な体験をさせていただきました。

(2列目右側にいるのが、本校の生徒です。推古天皇役を演じました。)

14:30 太子町のゆるキャラ「たいしくん」を先導にスタートしました。

雅楽隊が演奏しながら、行列を引っ張っていきました。

横笛を吹いているのは、なんと本校社会科の松村先生です!

太子町在住ということもあり、毎年参加されているそうです。

 

ゆっくりと雅に竹内街道を歩いてきました。

 

ゴールは孝徳天皇陵で記念撮影。最後は高校生徒会長の中澤君がインタビューに応じていました。

 

インタビューでは、「太子町をもっと盛り上げたい!」と力強く言っておりました。

 

お世話になった太子町のみなさま、ありがとうございました。