UT'S BLOG

中学校 球技大会

2019.12.20

12/19(木)、生徒会主催による「令和元年度 上宮太子中学校 球技大会」を開催しました。

今年の種目はバレーボールとドッジボールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

主催の生徒会役員が、進行も務めました。

 

選手宣誓は八馬君と的場さん

 

 

 

 

 

 

 

 

準備体操もしっかり行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の種目は、バレーボールです。

クラスを男女混合で3チームに分けて、2回総当たりの20点マッチで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審判も自分たちで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

留学生のプトラ君も参加しました。生徒たちも積極的にコミュニケーションを取っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

バレーボールの最後には、待望の先生チームとの対戦が実現しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各チームとの総当たり10点マッチでは、先生チームが3連勝!先生の意地と大人の力を見せました(笑)

負けっぱなしで悔しかったのか、最後には「泣きの一回」で、中3最強選抜メンバーとの対戦しました。

最後は、先生チームも体力が持たなかった(?)のか、生徒たちも意地を見せ、生徒選抜チームが勝利しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてドッジボールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子は両手投げの特別ルールで、男女混合で行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中顔面にボールが当たって流血シーンも出てしまいましたが、大事に至らず、最後まで白熱した試合が繰り広げられました。

 

閉会式の様子です。

バレー・ドッジのそれぞれで男女別にMVPが選出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

総合優勝は「ピュレ組」でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます!!よく頑張りました!!

 

授賞式の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒会役員のみなさんも、最後までよく頑張りました!!

 

 

最後は全員で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの先生も参加して下さいました。

 

中学校としては最後の球技大会となってしまいましたが、生徒会の役員が企画立案から、準備や進行を考えて、この日にのぞみました。

参加した生徒たちも明るく、楽しく、しかしながらメリハリと思いやりを持った姿勢で、3年間での成長が見られた1日だったように思います。