UT'S BLOG

高等学校卒業式

2020.02.29

本日、高等学校の卒業式が執り行われました。

今年は新型コロナウイルスの影響で在校生を出席させないという

今までにない形での式典となりました。

しかしながら、例年と変わらない厳粛な雰囲気は変わらず、

素晴らしい卒業式であったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスに備え

在校生代表は彼ら2人のみです。

ご苦労さまです。

 

 

 

 

 

 

 


 

 
 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

姿勢や所作もバッチリ決まっていて、本当にカッコいい卒業生たちです。

 

 

 

 

 

送辞、しっかりと卒業生に響いたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

答辞は流石に先輩の貫禄。完璧でした。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ受験モードの3年生、マスク姿も多く見られました。

国公立の2次試験はこれからが本番。頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退場の前に保護者や先生方にクラスの代表が一言お礼を述べます。クラスのカラーが良く出る瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

式典後は教室で最後のHR。いよいよクラスのみんなともお別れが近づいてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

クラス担任、個性豊かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入口上に掲げられた「壁」の大書。本校の阪口大儒先生が昨年開かれた個展へ出展されたものを寄贈いただきました。

添書きに「君がおもっていた壁は実は扉だったのです」とあります。卒業生の皆さん、壁にぶつかった時はこの言葉を思い出してチャレンジしてください。本日は本当におめでとうございました。

また、ご参列くださいました保護者の皆様、ご来賓の皆様、本日は本当にありがとうございました。