UT'S BLOG

聖徳書道展 展覧会・表彰式

2020.10.04

本年で第13回を迎える聖徳書道展、10月4日(日)いよいよ作品展示・表彰式が行われました。

 

毎年の恒例行事ですが、毎回、力作が応募されます。先日、作品の審査会が開かれ、その様子をブログに掲載させていただきました。どの作品も本当に良く書けていて、審査委員の皆さんはどの作品に票を投じるか、大変苦悩されておられました。

 

 

その中から、栄えある上宮太子賞に選ばれた作品がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の作品が選ばれたのは今回が初めてです。それも何と、小学校1年生!

一生懸命に書いている姿が目に浮かぶような力強い作品です。

 

 

 

 

太子町長賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太子町教育長賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日新聞社賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秀作賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、校内応募のみとなりますが、上宮学園設立者賞がこちらの作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のように、力作揃いです。どの作品も優れたものばかりでした。ご応募くださいました皆様、本当にありがとうございます。ここに掲載させていただいた作品以外にも、数多くの作品を掲出・展示させていただきました。

 

 

 

 

 

入選作品は壁面掲示です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選外作品は机上にて展示されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近隣の小中学校では運動会・体育大会が行われているようで、例年程ではありませんが、それでも多くの方が来校され、作品を鑑賞いただきました。

 

 

 

そんな中、なんと、太子町長・太子町教育長のお2人が作品展示をご覧にお越しくださいました。お忙しい合間をぬってのご来校です。太子町長賞・教育長賞に選ばれた作品を始め、どれも素晴らしいと驚いたご様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは表彰式の様子です。

聖徳書道展初の小学校の上宮太子賞受賞者が生まれた瞬間です。何と1年生です!これをきっかけに書道が大好きになってくれればいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授賞式の最後は記念撮影です。作品を出していただきました皆様、お忙しい中、展覧会・授賞式にお越しくださいました皆様、おかげさまで本年も素晴らしい書道展を無事開催することが出来ました。

本当にありがとうございました。