Health care room

高1生命の教育

2020.12.11

◎12月8日(火)高校1年生を対象とした、養護教諭による生命の教育「性と生を大切に~大切な人と自分のために性感染症を予防しよう!~」と題して講義を行いました。

今年度は、新型コロナウイルスの影響で1度に多くの生徒を集めることができないため、4回に分けて行いました。みなさんとても真剣に話を聞いていました。

提出してもらったアンケートから、いくつか感想をご紹介します。

「今の世の中は簡単に情報が入ってくるような社会なので、取捨選択をしっかりとできるような判断も重要だなと思いました」

「コンドームは避妊のためだけだと思ってたけど、感染予防にもなるのを知れて良かったです」

「エイズだけじゃなく、他にもたくさんの性感染症があることを初めて知りました」

「自分の命はもちろん他の人の命や権利を大切にしようと改めて感じました」など、皆さんしっかり考えて書いてくれました。

大切な人と自分を守るために、正しい性の知識を身につけて、適切な意思決定、行動選択ができるようになってください。

まだまだ未知なる新型コロナウイルス感染症流行の今こそ、今一度、自分の夢の実現に向けて、「リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)」に基づいて、

これからのつき合い方を含め、「生きるとは、いのちとは、性と生命について」少しでも皆さんが考えてくれる機会となったなら幸いです。